買って大正解だった秋葉原の巨大「1万円福袋」 中からは4万円分近い家電が…

買って大正解だった秋葉原の巨大「1万円福袋」 中からは4万円…の画像はこちら >>
アイデア満載のデジタルガジェットを開発・製造しているサンコー。東京・秋葉原にある同社直営ショップ「サンコーレアモノショップ総本店」で“最後の1つ”だった福袋(10,000円)を先週ゲットしたので開封の儀を執り行った。
【関連記事】イオン、amazon、秋葉原ショップ…最新「福袋」レポート

まずサイズ感でいうと、IKEAで買う大きなブルーのバッグほどある巨大さで、とにかくズッシリ重い。開けると大小7点のアイテムが入っており、自宅で活躍しそうなグッズが満載。では1つずつ紹介していこう。

1つ目は昨年7月にリリースされた「電気で保冷USBカンクーラー」。

モバイルバッテリーでも使えるUSB給電式で、仕事場のデスク、キャンプ先でも気軽に缶やペットボトル飲料を最低9度まで冷やすことができるスグレ物。実勢価格(以下同)4,480円の商品だが夏場に売れる商品とあってこの時期の福袋に入っていたのかも…。

続いては謎のケーブルが伸びているポーチ。こちらは「ヒーター内臓ホッとキーパーポーチ」(1,980円)。ペットボトルを入れるといつまでもポカポカになる代物で、こちらも一般的なモバイルバッテリーに接続するタイプだ。

早速、飲物の温度を変化させる正反対のアイテムが同梱。これぞ福袋の醍醐味である!
関連記事:秋葉原で売れ残っていた「2000円福袋」 中には2万円超のレアグッズが…

次に出たるは「ヒーターカイロバンド」(4,980円)。

バンドで体を巻くと、腰とお腹部分にヒーターが密着し、上半身を前後から温めてくれる。そしておなじみ、こちらもUSBケーブルで給電するタイプ。10000mAhのモバイルバッテリーなら最長5時間使用することができる。

お次は「おひとりさま用超高速弁当箱炊飯器」(6,980円)。

最短14分で炊きあがる同社のヒット商品で、会社で炊飯することもできる奇跡のアイテム。しかも電気代は1回1.66円程度。毎日使っても月50円とは驚きのエコアイテムでもある。

同じく調理系(?)アイテムとして入っていたのは「フードウォーマープレート」(6,480円)。

卓上に置く保温プレートで、小さいながらMAX110度まで加熱が可能。
これは昨年9月リリース商品…こんなに早くもらっちゃっていいのだろうか。ちなみに同梱されているミトンのようなものはテーブルに熱を伝わらせないための断熱用マット。しっかり考えられている。

さあ残り2品。ここで袋から出てきたのは「ワイヤレスチャージングマウスパッド」。

…はい、きました。急に英語だけが羅列された日本語無視の商品。以前詳報したアキバ別店舗の福袋にもこのような商品があり、記者を大いに悩ませた。またこのパターンか!

しかしそこはアキバの雄・サンコー。中にはしっかり日本語の説明書を入れており、調べてみると正式名称は「スマート充電マウスパッド」、価格は1,980円のようだ。

USBを差すと、マット上にスマホを置くだけで充電できる魔法のマウスパッドで、かなりデカイが会社のデスクに置いたら便利かもしれない。…いや、やっぱちょっとデカイ。A3サイズくらいある。

そして最後に大物。この謎多き真っ白な箱を開けると、中身は電気式のサイフォンコーヒーメーカーだった! お値段は9,800円。いいのかこんな高額商品入ってて!

サイフォン式、そうあのレトロ喫茶店でよく見る科学実験のようなコーヒーメーカー。こちらは火を使わずすべて電気式。撹拌時間を自動で測ってくれるので、初めてでも失敗なく香り高いコーヒーが淹れられるのだ。

これはコーヒー党にはうれしい。ちなみに中に入っているダンボールの緩衝材は、壁にかけるとインカ帝国のオブジェのように見え、これはこれで使えそう。部屋のイメチェンを完了させたらコーヒーで一服。最高じゃねえか!
そんなこんなですべての確認が終了。すべての実勢価格を合わせると36,680円となり、ヘビロテで使える物、そうでない物とあるが、ここまでアタリ商品ばかりとは想像外だった。来年さらに期待できるかも…!
(取材・文/Sirabee 編集部・キモカメコ 佐藤)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする