友人からの年賀状、何かがおかしい… 一年越しの「伏線回収」が最高すぎると話題に

つい先日まで年末年始の真っ只中と思っていたのだが、気付けば一月も半ばに突入。やはり月日の流れは早いものである…。
もう既に年賀状の整理なども終わったことと思うが、現在ツイッター上では2022年の年賀はがきに隠された「ある秘密」が話題となっているのをご存知だろうか。
【話題のツイート】こんなところに秘密が…!
こちらの秘密が注目を集めるきっかけとなったのは、ツイッターユーザー・あすかさんが投稿した一件のツイート。投稿には、受け取り相手の住所や名前などを記載するはがき「表面」の写真が添えられており、2021年と2022年の年賀はがきが並んでいる。
友人からの年賀状、何かがおかしい… 一年越しの「伏線回収」が…の画像はこちら >>
それぞれ丑年、寅年をイメージしており、2021年のはがきではディズニー作品『くまのプーさん』のキャラクターであるプーさん、ピグレットが「牛の雪だるま」を作っているイラストが描かれており、2022年のはがきでは雪だるまを崩す形で現れた「虎のキャラクター」ティガーの姿が。
これだけ見ると何の変哲もない年賀はがきなのだが、あすかさんが注目したのは各イラストをセットで見た際のシチュエーション。見方によっては「ずっと雪だるまの中に潜んでいたティガーが勢いよく飛び出した」という、普通ありえないけれど、ティガーならばやりかねない…とも思えるストーリーが浮かび上がってこないだろうか。
あすかさんはツイート本文にて「ティガー1年ずっと隠れてたんか…」と、驚きの声を上げている。
関連記事:2022年の干支「寅」を身に着ける 虎ファッションで気分を上げよう
同ツイートは投稿からわずか数日で約8万件ものRTを記録しており、他のユーザーからは「こんな演出があったなんて…」「気付いた人すごいな」「牛の次が虎だからこのデザインなんですね」などなど、驚きと納得が入り混じったリプライが多数寄せられている。
しかし、あすかさんが「日本郵便株式会社」のHPを確認したところ、2022年年賀はがきの案内ページには「2021年用では牛の雪だるまを作っていたプーさんとピグレット。その雪だるまにティガーが勢いよく突っ込んで。寅年の幕開けを賑やかにお祝いしているデザインです」と書かれており、「雪だるま内からティガーが飛び出してきた説」とは異なる設定が明らかになった。

とはいえ、年の一度のお楽しみとして、多くの人々を楽しませてくれたのは事実。そこで記者が今回、日本郵便の広報担当者に年賀はがきをめぐる詳細を尋ねてみたところ…じつに意外な「裏事情」が判明したのだ。
ティガー1年ずっと隠れてたんか… pic.twitter.com/HpWlllnYAB
あすか (@CheshireS2Cat) January 5, 2022
まずは、今回のツイート投稿の経緯についてあすかさんに詳しい話を聞くと、「じつは私は去年も今年も喪中だったのですが、『貰う分には問題ないから!』とのことで、毎年年賀状を送ってくれる友人がいるんです」「今年も友人から年賀状が届いていたので寒中見舞いを出そうと思い、去年届いた年賀状とまとめようとした際に気がつきました」という回答が。
確かにこの仕掛けは、何か理由があって2枚のはがきを並べてみないと気が付かないだろう…。

続いては日本郵便に「ディズニー 年賀」の詳細について確認したところ、こちらは2008年(平成20年)用の年賀から発行しているシリーズで、今年の2022年用年賀で15回目の展開となることが判明。
記念すべき第一弾の2008年用年賀はがきは「ミッキー&ミニー」のデザイン、2013年(平成25年)用はウォルト・ディズニー110周年限定デザイン、2017年(平成29年)用は酉年にちなみ、ドナルドダックとデイジーダックが登場するデザインとなっていたそうで、随所に「その年ならでは」の工夫がなされているのが微笑ましい。
なお、2021年と2022年の「連作」的なデザインについては当初から決定していたものと思いきや、意外にも「2021年用年賀のデザイン決定時には、まだ決まっておりませんでした」というコメントも見られたのだ。

2022年用年賀はがきのくじ番号の間では、ニンジン畑にいるティガーが誰かを呼んでいるイラストが印象的。寅年の次は「卯年」だが、やはり『くまのプーさん』からあのキャラクターが参戦するのだろうか…。
(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする