14日も 冬型の気圧配置が続く 午前を中心にさらなる大雪も 交通の乱れに警戒

14日も 冬型の気圧配置が続く 午前を中心にさらなる大雪も …の画像はこちら >>
きょう14日も冬型の気圧配置。全国的に季節風が強い。北海道や東北、北陸から山陰にかけ、午前を中心に活発な雪雲がかかる。名古屋周辺など東海以西の太平洋側も積雪や路面凍結に注意。
各地の天気
冬型の気圧配置が続き、きのう13日の夜から北陸やその周辺の地域を中心に雪の降り方が強まっています。また、14日午前5時現在、名古屋で1センチ、岐阜で10センチ、京都で5センチの積雪を観測するなど、東海以西の太平洋側にも雪雲が流れ込んでいます。【14日 各地の天気】北海道や東北は日本海側を中心に雪や吹雪でしょう。中でも、北海道の石狩地方や留萌地方は朝まで、宗谷地方は夜にかけても暴風雪に警戒が必要で、見通しがかなり悪くなる所があるでしょう。北陸や、関東北部山沿いや長野県北部山沿い、岐阜県、近畿北部や山陰にかけても断続的に雪。特に昼頃までは活発な雪雲がかかり、山沿いに限らず平地でも積雪がさらに増えそうです。夕方以降は雪の降り方が落ち着いてきますが、道路の通行止めなど、交通への影響が長引くおそれがあります。また、愛知県や三重県、近畿の太平洋側や山陽にかけても、午前中は所々で雪が降るでしょう。平地も積雪や路面の凍結に十分お気を付けください。
予想降雪量
あす15日6時までの24時間に予想される降雪量は、多い所で、関東甲信(山沿い)・北陸:60センチ北海道・東海(岐阜県):50センチ近畿・中国地方:25センチすでに大雪になっているうえに、さらに雪の量が多くなります。交通の乱れにいっそうの警戒が必要です。電線への着雪などによる停電や、ナダレにも要注意。また、屋根からの落雪に巻き込まれる危険がありますので、軒下には極力近づかないようにしてください。
最高気温
全国的にきのうと同じか低いでしょう。北海道や東北、北陸は0℃~3℃くらいの所が多く、関東から九州にかけても10℃に届かない所がほとんど。沖縄も朝からあまり上がらず18℃前後に留まりそうです。各地とも、季節風が強く吹くため、体感温度はさらに下がるでしょう。きょうも防寒を万全にしてお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする