シャトレーゼから節分スイーツ! かわいい鬼や恵方巻のケーキ、和菓子も

シャトレーゼは1月21日から順次、鬼や恵方巻をモチーフにしたケーキや節分にぴったりな和菓子などの「節分スイーツ」を、全国の菓子専門店「シャトレーゼ」で発売する。

2月1日~3日には、かわいらしい鬼や恵方巻をモチーフにしたケーキを3種類販売する。「節分 赤鬼太郎」(388円)は、「赤鬼」をイメージしたカップ入りのスイーツ。ココアスポンジにチョコチップをちりばめ、ベルギー産クーベルチュールチョコレート使用のミルクチョコレートクリームとスイートチョコクリームを重ねた。中には濃厚な味わいのチョコガナッシュが入っている。苺風味のスポンジクラムで包み、チョコレート・チョコクリーム・チョコソースで顔を飾り付けた。

「節分 黄鬼ちゃん」(388円)は、「黄鬼」をイメージしたカップ入りスイーツ。スポンジにシリアル入りチョコ(苺風味)をちりばめ、フリーズドライ苺入りの苺練乳クリームとヨーグルトクリームを重ねた。ふわふわのレモン風味スポンジクラムで包み、チョコレート・チョコクリーム・チョコソースで顔を飾り付けている。

「節分 恵方巻ロール」(756円)は、ココアスポンジで、苺、キウイ、りんごシロップ漬け、カスタードクリーム、ホイップクリームを巻いたロールケーキ。ホイップクリームは、北海道産純生クリームを使用したミルク感たっぷりの味わいで、甘酸っぱいフルーツのおいしさも楽しめる。

1月21日からは、節分の創作和菓子(各162円/3個入506円)を販売する。「赤鬼」は、赤色に色付けしたねりきりで、北海道産小豆を使用した自家炊きこし餡を包んだ。角には甘納豆、牙には飾りようかんを使用している。「枡」は節分の豆を入れる枡を表現した和菓子。色づけした雪平生地で、自家炊き白餡を包み、焼印で枡の形をつけ、炒り大豆をのせて仕上げた。

「お多福」は、上用生地で、北海道産小豆使用の自家炊きこし餡を包んだ。頬にはほんのり赤く紅をあしらい、紅ようかんで口、シナモンで目をつけ、お多福を表現している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする