ジュワッと! ココスが鉄板で提供する「熱々あんかけフェア」

ココスジャパンは1月13日から、「熱々あんかけフェア」を、全国のファミリーレストラン「ココス」店舗で開始した(山口宇部空港店は除く)。2月下旬に販売終了予定。

「熱々あんかけフェア」は、ココスの冬の定番のフェア。今回は2種類のあんかけメニューを用意した。

毎年好評の「2分の1日分野菜の海鮮あんかけ炒飯(※)」(1,089円)は、ホタテ、海老、イカの魚介にオイスターソースをベースにしたごま油香る中華あんを使用したメニュー。例年よりまろやかな味付けにするなど、さらにブラッシュアップして仕上げた。白菜やチンゲン菜などの旬を含む5種類の野菜をあんと加熱することで、葉先の柔らかさと芯のシャキシャキ感の両方が味わえる。

「紅ズワイガニのクリームあんかけ炒飯」(1,089円)は、高級中華の定番”かにのクリームあんかけ”をココス風にアレンジしたもの。蟹のうまみ、ブロッコリーと白菜の甘み、クリームあんの優しい味わいが楽しめる。炒飯の上に真っ白で上品なあんをかけると、蟹とクリームの香りがふんわりと広がるという。

あんはいずれも別添えで提供。とろりとしたあんが鉄板の上に弾けながら「ジュワッ」っと音を立てる”ライブ感”も楽しめるという。

※1/2日分の野菜:厚生労働省が『健康日本21』にて目標値として定めた1日当たりの野菜摂取量 350g以上を参考

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする