14日の関東甲信 山沿いは引き続き大雪警戒 晴れる平地も風が冷たい

14日の関東甲信 山沿いは引き続き大雪警戒 晴れる平地も風が…の画像はこちら >>
関東甲信は、きょう14日も山沿いに雪雲。さらに積雪が増えそう。平地は広く晴れるものの、気温は日中も10℃に届かず。北風が強まり、いっそう寒く感じられそう。
長野北部は昼前まで 群馬北部は夕方まで 大雪警戒
長野県や関東北部の山沿いでは、きのう13日の夕方から雪の降り方が強まり、きょう14日午前8時現在の積雪は、群馬県みなかみ町藤原で201センチ(関東甲信で今季初の2m超)、長野県野沢温泉村で166センチ、小谷村で148センチなどとなっています。日中も断続的に雪が降りそうです。特に長野県北部では昼前まで、群馬県北部では夕方まで、大雪に警戒が必要で、栃木県北部も積雪の増える所があるでしょう。交通への影響が大きくなるおそれもあります。あす15日午前6時までの24時間で降る雪の量は、多い所で、栃木県北部で30センチ、群馬県北部で60センチ、長野県北部で40センチの予想です。
平地は晴天 にわか雨やにわか雪もなさそう
平地は広い範囲で晴れるでしょう。きのうのようなにわか雨やにわか雪もない見込みです。最高気温は、きのうより低く、8℃前後の所が多いでしょう。北よりの風が強めに吹いて、体感温度はさらに低くなりそうです。日差しはたっぷりでも、マフラーや手袋などで防寒を万全になさってください。また、空気がカラカラに乾いていますので、ノド荒れ対策や肌荒れ対策も心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする