「不織布マスクを着けて」オミクロン対策で県呼び掛け 布・ウレタンより飛沫を低減

感染力の強い新型コロナウイルス「オミクロン株」対策として、県はできるだけ不織布マスクを着用するよう推奨している。
厚生労働省によると、一般的に入手できるマスクの中では、不織布→布→ウレタンの順に効果が高い。
東京大学医科学研究所のデータを基に内閣官房が作成した資料によると、距離50センチで自分だけがマスクをしていた場合、布なら飛沫(ひまつ)の吸い込みを17%しか低減できないが、不織布なら47%カットできる。一方、不織布でも布でも「相手にうつさない」効果は高く、自分から吐き出す飛沫の70%を抑制できる。
2人ともマスクをしていればさらに相乗効果が発揮され、不織布なら吸い込み量を75%減らせるという。
ただ、マスクと顔の間に隙間があると効果が落ちてしまうので注意が必要だ。
以前はおしゃれな布マスクを着用することがあった玉城デニー知事も、7日の記者会見で「昨年の緊急事態宣言からずっと不織布マスクにしている」と着用を呼び掛けた。
「不織布マスクを着けて」オミクロン対策で県呼び掛け 布・ウレ…の画像はこちら >>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする