アウディ「A3 スポーツバック」を無理なく買うのに必要な年収はどのくらい?

アウディの「A3 スポーツバック」はプレミアム・コンパクトの代名詞のような存在で、根強い人気があります。2020年には通算4世代目のモデルが発表されて注目を集めました。

「A3 スポーツバック」を買うためには、どのくらいの年収が必要なのでしょうか? 今回はアウディ「A3 スポーツバック」の見積価格の目安、無理なく買える年収の目安について解説します。

アウディ「A3 スポーツバック」はプレミアム・コンパクトの先駆け!

プレミアム・コンパクトの先駆け的な存在が、アウディの「A3 スポーツバック」です。2020年には通算4世代目となるモデルが発表されました。

3世代目は8年以上と長く販売されていたモデルで、久しぶりにフルモデルチェンジを果たしたことになります。デザイン・テクノロジーなど多くの要素を一新しました。

エクステリアはスタイリッシュで洗練されたフォルムが特徴。シンプルですが嫌味がなく、すっきりとしたデザインで、多くの人にとってなじみやすいデザインでしょう。

ヘッドライトはLED光源と光学デバイスを利用した革新的なテクノロジーで、対向車や前方車に直接光を当てないようコントロールしながら、車間や周辺を明るく照らし出します。

プレミアムカーらしく、インテリアはそれなりの高級感もありながら落ち着いた印象です。

サウンドシステムには、デンマーク発のプレミアムオーディオメーカーの「バング&オルフセン」を採用。迫力があり臨場感あふれる上質なサウンドを、どの席に座っていても十分に楽しめます。

「アウディドライブセレクト」はボタン1つで走行特性を選べる機能です。走行状況、その日の気分や好みなどに合わせて、エンジンやギアチェンジ特性を設定できます。
アウディ「A3 スポーツバック」を新車で購入する場合の代金の目安は?

「A3 スポーツバック」には5種類のエンジンがあり、今回は1リッターの「30 TFSI」を選択します。車両本体価格は319万円です。

パッケージは47万円の「コンビニエンス&アシスタンスパッケージ」を選択。以下のような装備がセットになっています。

・2ゾーンオートマチックエアコンディショナー
・LEDヘッドライト
・アドバンストキーシステム
・シートヒーター(フロント)
・パークアシスト
・その他リアビューカメラなど

ボディカラーは「ナバーラブルー メタリック」を選びました。深く落ちついた上品なブルーで、7万円です。

この条件での見積は下記のとおりです。

・30 TFSI:319万円
・パッケージ:47万円
・有償ボディカラー:7万円

合計373万円となりました。
アウディ「A3 スポーツバック 30 TFSI」を買える年収の目安は?

アウディ「A3 スポーツバック30 TFSI」を購入できるのは、どの程度の年収の方なのでしょうか? 無理なく車を購入できる価格の目安は、一般的に「年収の半分以下」と言われています。

この理論を適用すれば、「A3スポーツバック30 TFSI」は合計373万円ですから、750万円程度の年収が必要ということになります。

国税庁の「民間給与実態統計調査(令和2年)」によると、 年収700万円を超えるのは男性の20.5%です。男性の給与の上位20%の人なら、「A3 スポーツバック」を無理なく買える計算となります。

プレミアムの輸入車ではありますが、メルセデスのAクラスなどと比べると、やや手頃な価格帯と言えます。

安藤真一郎 あんどうしんいちろう マーケティング会社に勤務した後、フリーランスのライターに転身。 多種多様なジャンルの記事を執筆するなかで、金融リテラシーを高めることや情報発信の重要性に気づき、現在はマネー系ジャンルを中心に執筆している。 ライターとして、知識のない人でも理解しやすいよう、かみくだいた文章にすることが信条。 ファイナンシャルプランニング技能士2級、日商簿記検定2級取得。 この著者の記事一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする