子どものお年玉事情、64.7%が「貯蓄」 いくらもらっているのか?

ライフプランコンサルティング事業を手掛けるシュアーイノベーション(大阪市)は、全国の30~40代で0~12歳の子どもがいる男女を対象に「子どものお年玉に関する実態調査」を実施した。80%以上が子どものお年玉の総額を「3万円未満」と回答した。

12歳以下の子どもがもらうお年玉の総額は、1万円未満が38.2%、3万円未満が44.0%で、この2つで80%超を占める。一方、7万円以上と回答した人も1.2%いた。また、子どもがもらったお年玉は多くの家庭で母親が管理しており、その割合は77.1%だった。

お年玉の主な使い道は「貯蓄」(64.7%)が最も多く、「子どものものを購入(教育関連)」(18.0%)、「子どもに任せている」(15.7%)と続く。数は少ないが「家計費」「保険」といった回答もあった。

また、子どもの年齢別にお年玉の使い道を見てみると、「子どもに任せている」の割合は、子どもの年齢が6~9歳(小学校低学年)のころに18.4%増え、10~12歳(小学校高学年)では33.3%に達する。お年玉の使い道を子どもに任せるのは、小学校入学がきっかけになることがうかがえる。

調査は12月23~26日にインターネットで実施。調査対象は0~12歳の子どもが1人以上いる30~49歳の男女。有効回答数は1208人だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする