三菱地所、東京駅前の高さ300メートルのフロアに高級賃貸レジデンス

三菱地所は、東京駅日本橋口前の「TOKYO TORCH(トウキョウトーチ)」街区において2027年度竣工予定の「Torch Tower」の高層部に、賃貸レジデンスを導入すると発表した。大手町・丸の内・有楽町エリアでは初めての賃貸レジデンスで、住機能が不足していた同エリアの価値向上に努めるとしている。

同レジデンスは、「Torch Tower」の地上高さ約300メートルのフロアに、約50戸(70~400平方メートル台)を予定しているとのこと。東京駅前かつ、東京駅・大手町駅直結という高い利便性と、日本最高層クラスである眺望を提供するとしている。

また、高層部に導入するスーパーラグジュアリーホテルとのサービス連携や、足元の約2万平方メートルの屋外空間など、TOKYO TORCHでしか味わえない超都心型の住居空間を用意した。

三菱地所はプレスリリースで「コロナ禍によって柔軟なワークスタイルやライフスタイルが加速する中、レジデンスの導入により、都市生活者のワークライフの推進を目指す」とコメントしている。

TOKYO TORCHは、同社が東京駅日本橋口前の常盤橋街区で進めている再開発プロジェクト。敷地面積は約3万1400平方メートルで、「常盤橋タワー」(A棟)と「Torch Tower」(B棟)の2つの高層タワーを建設する予定。Torch Towerは地上63階・地下4階の高さ約390メートル。同タワーに入居する展望施設、ホテル、賃貸レジデンスの階数は未定。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする