名神高速などの一部で通行止め続く…東海3県は雪のピーク越えるも交通機関に影響 路面凍結等に注意を

東海3県は雪のピークは越えましたが、平野部でも雪が積もり、現在も交通機関に影響が出ています。

東海3県では14日朝、平野部でも雪が積もり、岐阜県白川村で175センチ、高山で54センチ、三重県いなべ市で22センチなどとなっています。

気象台によりますと、15日午前6時までに予想される雪の量は、岐阜県の山地で50センチ、平地で20センチ、三重県で10センチなどとなっていて、路面凍結などに注意を呼び掛けています。

交通にも影響が出ています。高速道路では、名神高速や東海北陸道などで一部区間通行止めとなっているほか、東海道新幹線は三河安城=新大阪間を速度を落として運転し、最大1時間の遅れが生じています。(14日午前11時半時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする