グループPSAジャパン、レーシングスタイルのSUV「DS 3 CROSSBACK PERFORMANCE Line」発売

グループPSAジャパンはこのほど、DS AUTOMOBILES(DSオートモビル)のコンパクトラグジュアリーSUV「DS 3 CROSSBACK」に155psのハイパフォーマンスエンジンとフォーミュラEからインスパイアされたディテールを施した特別仕様車「DS 3 CROSSBACK PERFORMANCE Line」(DS 3 クロスバック パフォーマンスライン)を発売した。

「DS 3 クロスバック」はフランスならではデザイン、建築、ファッションにおける様式を踏まえた意匠性と伝統的装飾技法であつらえたエクステリアとインテリアが、唯一無二の個性を生み出しているコンパクトラグジュアリーSUV。

「DS 3 CROSSBACK PERFORMANCE Line」は、この「DS 3 クロスバック」に隠されたもうひとつの側面である”レーシングマインド”を全面に押し出すべく、最高出力155psのハイスペックエンジンと、フォーミュラE常勝チーム「DS TECHEETAH Formula E Team」からインスパイアされたレーシーなディテールをあしらった特別なモデルとなっている。

搭載されているエンジンのパワースペックは155ps/240Nmで、これまで以上にダイナミックな動力性能を味わうことができる。なお、リッターあたり129psと通常モデルに比して25psと10Nmのゲインとなるエンジンの仕様は単なる燃調マッピングの変更だけにとどまらず、ターボチャージャー、インジェクター、排気バルブ、コネクティングロッドのベアリングなどが専用設計となっており、 1.2L PureTech(EB2型)エンジンとしては最も高出力な仕様となっている。

エクステリアおよびインテリアにも、「DS TECHEETAH Formula E Team」由来のスポーティーなエッセンスが。フロントグリルのDSウイングのクロームとリアランプ下端はマットブラック仕上げとし、リアガーニッシュはグロスブラック、オニキスブラックにカルマンのセンターキャップがアクセントとなる18インチの”MONZA”ホイールなど異なる質感と表情を持つ黒を組み合わせ、スポーティーでありながらシックな仕上がりとなっている。

さらにインテリアのダッシュボード、ドアトリムにアルカンタラをあしらいレーシーな雰囲気を付加。シートは座面中央をカルマン(カーマインレッド)をアクセントカラーとした立体的なファブリックに、サイドサポート内側をアルカンタラとしている。

素材のグリップにより、身体のホールド性をより高めてスポーツ走行に対応。ステアリングホイール、ダッシュボード、ドアトリムなどのステッチは「PERFORMANCE Line」のイメージカラーであるカルマンとゴールドに統一し、特別感を演出している。

車両本体価格は454.6万円。価格にはペイントオプションが含まれる。

※画像はすべて欧州仕様車

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする