日産、新型「フェアレディZ」日本で公開 6月下旬から販売

日産自動車は1月14日、新型「フェアレディZ」を東京オートサロン2022で公開した。併せて特別仕様車の「Proto Spec」も発表した。「フェアレディZ」は「Proto Spec」を皮切りに6月下旬から販売する予定だ。

「フェアレディZ」は、これまでに世界で180万台以上の販売実績を持つスポーツカー。新型「フェアレディZ」は、歴代の「Z」へのオマージュを感じさせるデザインをまといながら、最高出力298キロワット(405PS)、最大トルク475ニュートンメートル(48.4キログラムメートル)の新開発3リッターV6ツインターボエンジンを搭載する。

6月下旬から販売する240台限定の「Proto Spec」は、一昨年に公開した「フェアレディZ」プロトタイプから着想を得た特別仕様車。イカズチイエローとスーパーブラックの2トーンのボディカラーのエクステリアには、専用カラーのレイズ製19インチアルミ鍛造ホイール(チタニウムゴールド)や、4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ(イエロー)などを装備した。

インテリアには、本革・スエード調ファブリックコンビシート(イエローセンターストライプ、イエローステッチ、イエローアクセントライン)などを採用するとともに、インストパネル、ドアトリムクロス、MTシフトノブブーツ、ニーパッドなどに専用カラーステッチを施した。

同製品はオンライン注文のみで、240台を超える応募があった場合には抽選となる。応募開始は2月7日から。販売価格は696万6300円。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする