蓮舫氏、在日米軍が「感染拡大の要因の一つ」発言の林外相に「現実を受け止める姿勢はこれまでの大臣にはないもの」

立憲民主党の蓮舫参院議員が14日までに自身のツイッターを更新。沖縄など在日米軍基地周辺での新型コロナウイルス感染拡大を巡り、在日米軍が「感染拡大の要因の一つである可能性は否定できない」と発言した林芳正外相に対し、私見を述べた。
この日、林外相の13日の日本記者クラブでの会見を報じた記事を貼り付けた蓮舫氏。
「林大臣のこの現実を受け止める姿勢はこれまでの大臣にはないものです。これまでなら否定していたでしょう」とつづると、「だからこそ、日米地位協定の在り方も現実的な形に変えていける国会質疑が行えればと思いました」と続けていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする