平野啓一郎氏、岸田首相の学術会議任命拒否問題「結論出ている」発言に「『結論』が違法状態。是正する責任が」

芥川賞作家の平野啓一郎氏が14日、自身のツイッターを更新。くすぶり続ける菅政権時代の日本学術会議の任命拒否問題について私見を述べた。
この日、岸田文雄首相が13日、任命拒否問題について「当時の首相が最終判断したものだから、一連の手続きは終了したものだと承知している」とした上で当時拒否された6人を改めて任命する可能性を問われたのに対し、「もう結論が出ていると承知している」と述べたという記事を貼り付けた平野氏。
「『結論』が違法状態なのだから、是正する責任がある」と厳しい筆致でつづっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする