レクサスの新型「NX」はオフロード仕様もあり?

レクサスといえば都会的なイメージの高級車ブランドだが、レクサス車にオフロード仕様は似合うのだろうか? SUVの新型「NX」をベースにしたオフロード仕様のコンセプトカーを見てきた。

○レクサスはアドベンチャースタイルもカッコいい

レクサスのコンセプトカー「LEXUS NX PHEV OFFROAD Concept」は、新型「NX」のプラグインハイブリッド車(PHEV)「NX 450+」をベースとする。ベース車との違いはエクステリアの随所に施されたマットブラック塗装やオールテレーンタイヤなど。都市型SUVの印象が強いNXだが、こういう乗り方もできるというレクサスからの提案だ。同社としては、PHEVのように環境に配慮したクルマでも楽しく乗ってもらいたいとの思いを込めているという。

ベース車「NX 450+」の概要
■ベース車との違い

レクサス車でPHEVを採用したのは新型NXが初めて。外出先でバッテリーから電力を取り出せるので、アウトドア仕様にはぴったりのシステムだ。この仕様がNXの新たなグレードとして売り出されるかどうかは現時点で不明だが、レクサス広報は「反響も見ながら」といっていたので、可能性が全くないわけでもなさそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする