ファストリ、1Q決算の純利益は33%増 国内苦戦も海外事業が好調

ファーストリテイリングは1月13日、2021年9月~11月期の連結決算(国際会計基準)を発表した。売上高にあたる売上収益は6273億円(前年同期比1.2%増)、営業利益1194億円(同5.6%増)、純利益935億円(同33.0%増)だった。在宅需要やエアリズムマスク販売の反動で国内ユニクロ事業が苦戦。中華圏でも減収減益となったが、北米や欧州での販売が好調で海外ユニクロ事業は第1四半期では過去最高の業績となった。

セグメント別では、国内ユニクロ事業の売上収益は2264億円(同10.8%減)、営業利益は487億円(18.8%減)と、大幅な減収減益だった。また、既存店売上高は7.7%減だった。

前年同期は在宅需要やエアリズムマスクの販売が盛り上がったことで、ハードルが高かったことに加え、9~10月中旬まで気温が高い日が続いたことで、秋冬商品の販売に苦戦したことが理由だとしている。

10月中旬からは、気温が低下し、アウターやインナーなどの防寒衣料の販売が好調となり、11月の感謝祭期間中の売り上げも前年を上回ったが、今期は減収となった。

Eコマース売上高は366億円(同0.2%減)と、若干の減収となったものの、2年前比では約5割増収となった。また、売上総利益率は、過度な値引き販売を抑制したことで値引率が改善し同0.5ポイント改善した。売上高販管費率は、減収に伴い同2.6ポイント上昇している。

海外ユニクロ事業の売上収益は2997億円(前年同期比15.0%増)、営業利益は599億円(同44.6%増)と、大幅な増収増益となった。その他アジア・オセアニア地区、北米、欧州での販売が好調だったことが後押しし、第1四半期では過去最高の業績となった。

香港、台湾は大幅な増収増益、韓国は増収増益だった。その他アジア・オセアニア地区は、大幅な増収増益となり、2年前の水準まで回復した。

米国は、旅行需要が一部回復したことや情報発信を継続したことで、販売が好調に推移し、大幅な増収、黒字へ転換した。欧州は、気温の低下や購買意欲の高まりにより事業環境が良好だったことに加え、Eコマースのアプリ会員の獲得などを通じて支持を高められた結果、大幅な増収増益を達成した。

一方、中国大陸では、新型コロナウイルス感染拡大による厳しい規制が継続的に実施されたことが影響し、減収、大幅な減益となった。

ジーユー事業の売上収益は698億円(前年同期比8.7%減)、営業利益89億円(同34.5%減)。気温が高く推移したことで秋冬商品の販売に苦戦したことに加え、生産や物流の遅延の影響により冬物商品の立ち上げが遅れ、既存店売上高は減収となった。

売上総利益率は、秋物商品の在庫消化を進めるため値引き販売を強化したこと、素材高や輸送費の高騰の影響を受け原価率が若干上昇したことで、同1.7ポイント低下した。

売上高販管費率は同3.2ポイント上昇。これは、Eコマースの拡大に向けて西日本に自動化倉庫を稼働したことで一時的に物流費が増加したこと、ブランディングのためにマーケティングを強化したことが原因だとしている。

22年8月期通期の業績予想は据え置き、売上収益2兆2000億円(前年同期比3.1%増)、営業利益2700億円(同8.4%増)、純利益1750億円(同3.0%増)を見込んでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする