東京都が新型コロナ宿泊療養施設で駅弁の提供開始 小池知事「療養に彩りを」

東京都の小池百合子知事が14日、都庁で定例会見を行い、新型コロナウイルスの宿泊療養施設で週に1回程度、駅弁などの特色ある食事を提供すると発表した。
小池氏は家庭内感染の防止のため、陽性者には宿泊療養施設への入所を求め、「入られた方はいろんな思いを抱えている。日常と違う、そして単調になりがちな宿泊療養施設での療養に少しでも彩りをそえるための工夫をしよう」と新しい試みを開始する理由を説明。
16日はJR東日本と協力し、山形の牛肉どまん中、神奈川の鯛めし、宮城の炭火焼牛たん弁当、東京の深川めしなど有名な駅弁1000食を用意した。
小池氏は「食事というのはとても重要なアイテムだと思いますので、工夫をしながら、感染症をみんなで止めていくためにも(宿泊施設への入所の)ご協力をお願いしたい」と話した。
今後は日本航空と協力し、機内食メニューや「なだ万」など料亭の仕出し弁当も準備ができ次第提供を開始する予定だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする