「お金の使い方」を知っていますか? 教育事業参入のマネックス松本社長に聞く

マネックスグループは2021年11月26日に、STEAM教育に取り組むスタートアップ「ヴィリング」を買収した。これは、証券に始まり仮想通貨など各種金融業に取り組んできたマネックスが、教育事業に新規参入するということを意味する。

その背景には何があるのか。松本大社長に聞いた。

21年4月に新たな企業理念として「個人の自己実現を可能にし、その生涯バランスシートを最良化する」を掲げています。「生涯バランスシート」とは何でしょうか。このビジョンに至った背景を教えてください。

松本氏 3年ほど前、コロナ禍直前のころ、最後のお客さま感謝デーを行いました。それが終わって、顧客がみんな帰った後、長いらせん階段を上って帰ったんです。すると、途中で小柄なおばあちゃんが私を待っていました。

そのおばあちゃんが、小さな本をくれたんです。生きてきた証拠を残したかったと自費出版した本だそうです。マネックス証券で運用してきた株を売って、そのお金で自費出版したといいます。

その本の冒頭に私の名前も出てきたんですね。この仕事をやってきて良かったと思いました。

マネックス証券の仕事は、単なる資産の運用ではありません。その先に自分の一生を記した本を出版するとか、やりたいことがあって、それをサポートする事業をやっているんだと実感しました。100を300に増やすのが仕事じゃなくて、300を使って何かをする手助けをするのが我々の存在理由だと思ったのです。それがきっかけで、改めて企業理念について考え始めました。

僕らの仕事は、お客さまがしたいことをできるようにするのが最終的な目標なのではないか。これが、人生の生涯バランスシートという考え方です。無駄な時間は負債の一つだし、健康を害すると自分のやりたいことができなくなる。これも自己実現という軸で考えた生涯バランスシートの要素です。

若いうちに、科学的な考え方を身につける教育を受けることも、生涯バランスシートを良くするために重要です。収入が増えるような基礎的な知性をつける、間違ったお金の使い方をしないとか、人が正しい数字や科学的な考え方を持つことがすごく大切です。

STEAM教育に取り組むヴィリングを買収しました。

STEM教育、そしてSTEMにリベラルアーツを加えたのがSTEAM教育です。サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、アーツ、マセマティクスそれを子どもたちに教えることをヴィリングはやっています。そのような事業をマネックスグループの本業としてしっかりやっていきたい。

教育産業はいま、2つの極に分かれていて、1つは大学受験に特化した、ある意味コマーシャル(商業的)な方向に行くものです。もう1つは引退した人が地域の人たちにボランティア的に教えるといった、社会へのペイバック的なスケールとか永続性のない善行として行うものです。このように、超コマーシャルな受験産業か単発的なものに分かれてしまって、スケールを持って、科学的な考え方を身に付けさせようというものがない。間がぽっかり空いてしまっています。

STEM教育をしっかりやっているヴィリングがマネックスのグループに入ることで、資本を提供したり、大企業に話を持って行ったりもできる。だから子ども向けのSTEAM教育を、マネックスグループの中で本業として立ち上げていくことにしました。

STEAM教育についてもう少し教えてください。

STEMやSTEAMは米国では非常に重要だと考えられていて、日本でも政府の骨太方針にもSTEM推進が入っています。だんだん認識はされていますが、いかんせん、実際のサービスがないんです。

STEMというと、プログラミングだと勘違いして、プログラミングを子どもに教えるといった、狭い所に入ってしまうものも多くあります。そうではない、本来のSTEMをやろうというところは少ないんです。

STEMにはちゃんとした教育理論がベースにあります。適度なプレッシャーが必要で、子どもにとってつまらなすぎると伸びない、難しすぎるとやる気がなくなってしまう、適度な難易度でやるのが良いというのがフロー理論。コンストラクショニズムは、MITの人工知能研究者シーモア・パパート教授が唱えたもので、実際に触って作りながら理解していくというものです。理論や原理を学び、それをベースにものづくりに取り組みます。つくるから分かるんですね。

こうした世界的な教育理論があって、それに根ざした形でヴィリングは緻密なカリキュラムを作ってやってきている。ただしスケールがなかった。そこで我々が関わってスケールさせていきます。

生涯バランスシートの考え方の中には、「間違ったお金の使い方をしない」という内容もあります。一方で、お金の増やし方については玉石混交ながら情報があふれていますが、お金の使い方についてはほとんど情報がありません。

日本ではお金の使い方について、学校でも家庭でもほとんど話しません。でもこれには先生なんていらないんです。小学生の高学年なら、デパートに連れて行って1万円渡して、好きなものを買っていいよと言えば、わーと興奮していろんなところに行って本でも文房具でも、ぴったり1万円の買い物をすると思います。合理的で理想的な買い物を。そのうち1つはお母さんへのプレゼント、150円のボールペンもあるかもしれません。

でも同じ子どもに100万円渡して買ってこいといったら、どうしようもない高い置物を買ってきたりとか全然ダメなお金の使い方をするわけです。これは分かりやすい例で、練習しないとちゃんとお金は使えません。

小学生だったら、100万円あったら何に使うか、子どもたち同士のグループワークで考えて発表し合う。その中で、ああ、そういう使い方があるんだ、という気づきが得られるでしょう。中には10万円寄付するなんて子も出てくるかもしれません。

中学生なら1000万円とか。すると起業するなんてヤツが出てきたりする。高校生なら1億円でもいい。こういうふうにすることで、自分たちで学べるんです。そうした中で、投資があるということも、中高生だと思いつく人もいると思う。

こうやって、お金の使い方の知力がつく。そういう人が、例えば政府に行って100兆円の使い方を考えたほうがいい。お金の使い方を考えていない人が、いきなり1兆とか100兆の使い方を任されてしまうと、つまらない使い方をしちゃったりするんです。

お金の使い方はすごく重要なんですけど、教材もサービスもいらなくて、自習させればいいと思っています。

日本の高齢者の中には、お金を貯めたものの、それを使えないまま亡くなるという人がたくさんいると聞きます。若いうちに“使い方”を学ばずに大人になってしまった人はどうしたらいいのでしょうか。

それは日本だけではないんです。20年くらい前の米国での研究で、収入と幸福感の調査がありました。その中で、当時の10万ドルまでは収入が増えると幸福感が増える。ところが、10万ドルとか12万ドルを超えると、幸福度は上がらなくなるんです。なぜかというと、使えなくなるから。

10万ドルくらいまでは使えるんです。もっといいところに住もうとか、いいものを食べようとか、ちょっと旅行に行こうとか。使えるから幸福感が増えるけれど、あるところを超えると使えなくなって幸福感を感じられない。

人は幸せを、お金を得たときに感じるんじゃなくて、使ったときに感じるんですよ。だから、使い方をうまくするのは幸せになるためにすごく大切なこと。そういうことをもっとみんな知った方がよくて、その上でお金を遺さずにどう使ったら良いか考えようと。

日本では、もうけ方とか投資法とか、お金の増やし方、稼ぎ方にばかりエネルギーを使っていますが、それは幸福になるポイントではないんです。ここはビジネスにはあまりならない気がするけれども、このことはずっと言っていきたい。

こうした人はマネックスのお客さまでも多いと思う。お客さまのために、使い方を考える機会を提供することも考えていけたらと思います。

金融業以外に一歩を踏み出しました。次の一歩はどういったところになるのでしょう。

ヴィリングでは小中学生が対象。これはかなり巨大な市場だと思うので、まずはこれをしっかり進めます。そしてグループとしては、教育以外に健康も大切だと考えています。

ジーネックスという、ゲノムベンチャーをインキュベートしました。難病患者の全ゲノム情報をブロックチェーンで管理して、その情報を製薬会社などに提供する。それで利益が出たら、もともとデータを提供してくれた患者に還元するというモデルです。

難病患者は、国から認定を受けて補助を受けないと治療を受けられないんですよ。何千万円もかかるので。恵んでもらわないとどうにもならない。でも、本当は難病患者の全ゲノム情報はものすごい価値があるはず。これをうまく使えば、自助の仕組みを作れるはずです。

またヴィリングに関しては、B2B2C的な展開も考えています。サステナビリティへの取り組みが求められる今、大企業も社会貢献的なことをやりたいという人がいます。一緒にやりませんか? と私が大企業に話をすると、今のところ全社「とても興味あります」と反応がいい。子どもの教育の質が上がるという話は、すべての人がそれはいいねとなるんです。

教育には環境が大切です。私は本だらけの家で育ちました。父が編集者だったので、壁中全部本棚だったんです。いま考えると、ルビが振ってある本を本棚の低いところに入れてくれたんでしょうね。幼稚園のころから勝手に引っ張り出して、いろんな本を読める。それで、すごく刺激を受けました。そういう環境があるといい。STEAM教育も、学びながらつくることが好きな子にはどんどん自由にやっていけるようにしていきたいと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする