グループPSAジャパン、「C4 & -C4 ELECTRIC」を発売 – 伝統のCセグメントシトロエン復活

グループPSAジャパンは1月22日、「NEW C4」および 「NEW -C4 ELECTRIC」を発売する。

「NEW C4」「-C4 ELECTRIC」はシトロエンの伝統であるCセグメントハッチバックの復活となるニューモデル。

シトロエン伝統のCセグメントハッチバックが、ついに帰ってくる。「どこよりも独創的であること、どこよりも快適であること」というテーゼを追求しつづけ、戦前の「C4」(1928年)から続くシトロエンの歴史のあらたなる1ページを創ることになるという。

100%電動モーターかガソリン、またはディーゼルエンジンで提供されるこのモデルは、シトロエンが新たな世代に突入したこと示すハッチバックであり、まさに「Inspired by Customer–カスタマーから得られた示唆–」と、カスタマーの生活のなかでの自動車への接し方とモビリティ体験に基づいて完成させたモデルとなる。シトロエンはこのニューモデルによってセグメントの常識を再定義することになる、とのことだ。

「NEW C4」&「-C4 ELECTRIC」は、以下のような特徴を備えている。

コンセプトカーCXPERIENCEに直接的にインスパイアされた新世代ハッチバック
ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、そして日本のシトロエンとして初となるBEVの3つのパワートレインを選択可能
伝説のハイドロニューマチックの現代的解釈、プログレッシブ・ハイドローリック・クッション(PHC)による柔和な優れた乗り心地

独自の構造のアドバンストコンフォートシートによるラウンジのソファのような快適な座り心地
クラス最大級の後席ニースペースの確保
10インチタッチスクリーン、助手席ダッシュボードのタブレットスタンドなど、あたらしいインフォテイメントの提供
レーンポジショニングアシスト、アクティブクルーズコントロールなど先進の運転支援機能

価格は「NEW C4 FEEL」が290万円、「NEW C4 SHINE」が325万円、「NEW C4 SHINE BlueHDi」が345万円、「NEW -C4 ELECTRIC」が465万円。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする