県をまたぐ不要不急の移動控えるよう要請…15日から県内の感染状況レベル『厳重警戒』に引き上げ 愛知県

新規の感染者数が2日続けて1000人を超えた愛知県の大村知事は、県内の感染状況のレベルを、15日から「厳重警戒」に引き上げると発表しました。

大村愛知県知事:
「『厳重警戒』の領域に突入したと。第6波、感染急拡大の抑制ということで厳重警戒を県民・事業者の皆さまに呼び掛けをさせていただきたい」

大村知事は14日午後の会見で、感染の急拡大に歯止めがかからない状況を受け、15日から感染状況のレベルを「厳重警戒」に引き上げ、県民に感染防止対策のさらなる強化を求めました。

具体的には、県をまたぐ不要不急の移動を控えるよう求めるほか、飲食店を利用する際には「1テーブル4人まで」とし、マスク会食を徹底するように要請しました。

また無症状であっても、感染の不安がある人に対しては、県の無料PCR検査所を利用するなどし積極的に検査を受けるよう求めました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする