ブリヂストンの市販タイヤ、7~10%値上げへ 2年8カ月ぶり、原材料価格の高騰で

ブリヂストンは1月14日、日本国内で市販するタイヤなどを4月1日から一斉に値上げすると発表した。原材料価格の高騰が原因。タイヤの値上げは2019年8月以来、2年8カ月ぶりで、当時は物流コストの上昇が要因だったという。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする