山形新幹線上り3本が大雪で動けず 乗客計約170人

JR東日本によりますと、山形新幹線の上り列車3本が、大雪の影響で駅や線路上で動けなくなっているということです。
運転を見合わせているのは、いずれも東京行きのつばさ156号・158号・160号です。午後9時50分から運転できなくなり、3本の列車は山形県の米沢駅と福島駅との間で停車しているということです。
3本の列車には乗客あわせておよそ170人が乗っていて、JR東日本は、タクシーなどで米沢駅に運ぶ対応を進めているということです。(14日23:47)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする