14日金曜まで 日本海側は「警報級」大雪・猛ふぶき 太平洋側の平地でも積雪に

14日金曜まで 日本海側は「警報級」大雪・猛ふぶき 太平洋側…の画像はこちら >>
14日金曜にかけて、日本海側は「警報級」の大雪や猛ふぶきのおそれがあり、太平洋側の平地でも積雪となる所があるでしょう。大雪をもたらしている寒気のピークは、14日金曜までの予想ですが、引き続き交通機関への影響が心配されます。雪崩や電線などへの着雪にも、ご注意ください。
予想降雪量は?

13日木曜の日本付近は、冬型の気圧配置となり、日本海側を中心に、西日本でも雪のエリアが広がりました。14日金曜にかけては、上空1500メートル付近で「平地で雪の目安」となる氷点下6℃以下の寒気が、九州や四国、本州をすっぽり覆い、冬型の気圧配置が強まるでしょう。このため、日本海側では雪が続き、「日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)」によって、北陸付近を中心に雪雲が流れ込むため、積雪がどんどん増えそうです。日本海側では「警報級」の大雪や猛ふぶきのおそれがあり、太平洋側の平地でも積雪となる所がありそうです。14日金曜午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で北陸(新潟県山沿い)・関東甲信(群馬県北部山地) 80センチ東海(岐阜県山地)・近畿(北部山地、中部山地) 60センチ北海道(日本海側)・中国(山陰山地) 50センチ四国(山地) 8センチとなっています。大雪による交通機関への影響が心配されますし、新潟県山沿いや群馬県北部山地など、積雪が急に増える所では、雪崩の危険性も高まります。また、湿った重い雪が降るので、電線が切れたり、雪の重みで樹木などが倒れるおそれもあるため、注意が必要です。また、北日本から西日本の日本海側を中心に、14日金曜にかけて、雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけとなるでしょう。東日本から西日本の日本海側では高波に、北日本では猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に、警戒してください。

15日土曜 寒気が北上するが 朝は路面の凍結に注意

この大雪も、土日はいったん弱まりそうです。上空1500メートル付近に流れ込んでいる「平地で雪を降らせる目安」の寒気は、14日金曜がピークで、15日土曜には北上するでしょう。ただ、上空の寒気が北上しても「地上付近には、まだ、冷たい空気が残る」というのがポイントです。15日土曜朝は、濡れた路面が凍結するおそれがありますし、大雪になった所では、雪がなかなか解けずに、交通機関への影響が長引くことも考えられます。15日土曜と16日日曜は、大学入試共通テストが行われますが、お出かけの際は、カイロや手袋など、寒さ対策を万全にして、時間に余裕をもった行動を心がけてください。さらに、週明け17月曜~18日火曜は、また寒気が南下するので、日本海側で雪が強まるでしょう。最新の気象情報も、しっかり確認してください。
雪下ろしの注意点

また、15日土曜には、日本海側の雪がいったん弱まるので、除雪作業のチャンスです。屋根に積もった雪は、大雪になる前に、早めに除雪作業をしたいものです。安全に雪下ろしをするための注意点は、次の3つのことが挙げられます。①雪下ろしをする前には、雪が緩んでいないかどうか、必ず確認しましょう。新雪や、晴れた暖かい日の午後は、特に屋根の雪が緩んでしまいます。また、雪と一緒に、つららが落ちてくることもあります。②はしごを使って屋根に上る場合は、はしごが動かないよう、ロープなどで、しっかり固定しましょう。はしごから屋根へ移動する時は、転落しないよう、一段と注意が必要です。③雪下ろしをする際は、建物の周りに雪を残しましょう。万が一、屋根から落下した場合でも、雪がクッション代わりになってくれます。面倒でも、必ず命綱とヘルメットを装着し、滑りにくい靴を着用しましょう。携帯電話も忘れずに持って、作業してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする