スターバックス、ティービバレッジに特化した店舗を大阪・梅田にオープン

スターバックス コーヒー ジャパンは2月25日、大阪・梅田にティービバレッジに特化した店舗「スターバックス コーヒー LUCUA 2階店」をオープンする。

ティービバレッジに特化した「スターバックス ティー&カフェ」は、「スターバックス コーヒー 六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店」「スターバックス コーヒー キラリナ京王吉祥寺店」に続く3店舗目で、西日本初出店となる。

ティーに特化した約12種類のメニュー
メニューは、上質な茶葉とボタニカルな素材を選び抜いた紅茶ブランド「ティバーナ(TEAVANA)」のティービバレッジを豊富にラインアップ。お茶の概念を広げる体験の「ティー クリエイション」のほか、ホットとアイスの両方を提供する「ティー ラテ」、ティーをベースにした「ティー フラペチーノ」など、ティーに特化した約12種類のメニューを提供する。

店内では、ティービバレッジをガラスマグで提供。明るい色合いの店内でビバレッジの鮮やかな色や、本格的なティーの香りを楽しめるようにした。

レギュラー店で提供しているコーヒーやエスプレッソビバレッジも提供する。店舗面積は133.22平方メートル(40.3坪)で、席数は28席。営業時間は午前7~午後10時。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする