ドコモ、個人投資家向け投資管理アプリ「マイトレード」の提供開始 実績管理や振り返りに特化

NTTドコモは1月12日、個人投資家向けの投資管理アプリ「マイトレード」を月額550円にて、1月18日より提供すると発表した。「マイトレード」は個人投資家の投資実績の管理や振り返りに特化したフィンテックサービスとなる。

同サービスでは、証券口座の登録日より前の資産額や、日本株式の損益額を推計することで、初回集計の後、「推移チャート」で過去から現在までの投資状況をさかのぼって見ることができる。また「株価チャート」では株価の相場の値動きを表すグラフに売買タイミングやラインを描画でき、「銘柄リスト」では銘柄ごとの損益リストの表示や利益や損失のランキング作成もできる。

また、あらかじめ登録した証券口座の株式売買情報や保有株式数などのデータを日々自動で取得し、独自の計算ロジックによりグラフやリストなどで投資状況を「見える化」する。

同サービスでは、こうした「見える化」機能により自身での投資活動の傾向の把握し、振り返りや次の取り引きに生かすといった投資力の向上に寄与するとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする