コロナ禍と雪不足…厳しい経営続く『スキー場』に戻りつつある客足 “密回避の新システム”等でおもてなし

東海地方のスキー場は、シーズン本番を迎えています。近年の雪不足や、新型コロナの影響で厳しい経営が続いているスキー場ですが、今冬は雪にも恵まれ客足が戻りつつあります。岐阜県郡上市にあるスキー場を取材すると、「リフト券の自動発券機」などの”密回避”の新システムや、雪不足を解消する「最新の造雪機」を導入し、大勢の人を迎えていました。
岐阜県郡上市にあるスキー場「ダイナランド」は、昨シーズン、新型コロナの影響で思うように営業できませんでした。しかし、2021年の年末のこの日、ゲレンデには大勢の人が訪れていました。
男性客:「いいですね、雪が柔らかくて」子供:「去年行ってなかったからちょっと不安だったけど、結構できた」別の男性客:「今日は滋賀県から来ました」 県外からのお客さんも戻って来ているようです。
男性客:「できるだけ家族で滑るようにしているのと、人が多い所ではマスクを付けて」 屋外で過ごす時間の多いスキーですが、皆さんしっかりと感染対策。リフト券は、あらかじめホームページで購入しておけば、スマホを使って自動発券機から受け取ることができます。
ダイナランドの担当者:「無人で発券できますので、並んだりの“密”を回避する効果も期待しています」
ちなみに、リフトに乗るときは自動改札になっていて、人との接触を防ぐことができます。

リフトに乗り標高およそ1400メートルの山頂へ。このあたりでは、パウダースノーを満喫することができます。男性客:「ダイナランドは隣の高鷲スノーパークとつながっているから、広いので幅広く楽しめます」別の男性客:「家族は神戸からで、私は小牧から。単身赴任で来ています」 レンタルコーナーには、三重県から20年ぶりに滑りに来たという夫婦が…。
男性客:「マラソンやっているんだけど、マラソンの大会が今少ないので、日にちが空いちゃって…」 このスキー場では、昨シーズンから55歳以上のシニア限定のレンタル料金の割引サービスをスタート。
また子連れの家族向けに、ソリ専用のゲレンデや、室内遊具のスペースも設けられています。こうした取り組みもあってか、この日は幅広い年齢層の3000人以上のお客さんが来場しました。
年末年始は、ほぼ例年並みの入場者数に持ち直しているといいます。
近年スキー場を悩ませてきた“雪不足”。2019年にはゲレンデの土がむき出しになるほどで、多くの施設が満足に営業できない状態に。
そこで、ダイナランドでは、今シーズンから最新の造雪機を導入。人工雪はコストがかかることがネックでしたが、新型は従来のものに比べ、およそ半分の費用で運用できるといいます。
同・担当者:「1日でも長く滑っていただくために、しっかりと雪を確保したい」

正午。レストランは、ゲレンデから戻った多くのお客さんで賑わっていました。このレストランでは、郡上の名物・鶏ちゃんをアレンジした「ダイナ鶏ちゃんビビンパ丼」(1200円)や、カレーとハヤシ2つの味が楽しめる「Wソースのふわとろチーズオムライス」(1400円)などが楽しめます。
ちなみに、家族向けに靴を脱いでくつろげるファミリー席も用意されています。
男性客:「ありがたいですね。スキー場でこういうところないので、家族連れには助かるスペースです」
多くの人が訪れるスキー場は、地元に雇用も生んでいます。
入社2年目の地元・郡上市出身の女性スタッフにとってダイナランドは、小さい頃から何度も遊びに来た馴染みの場所だといいます。
入社2年目の地元出身のスタッフ:「最初(入社当時)からコロナ。普通の営業の仕方も知りたかったけど…。コロナでごちゃごちゃして、こんな仕事って大変なんやって思いました」 今シーズンから本格的に仕事をおぼえ始めたというこの女性は、大変と話しながらも嬉しそうです。
午後4時半。この日はちょうど花火の開催日で、ゲレンデでは準備が始まりました。9年前から始めた毎年恒例の打ち上げ花火は、去年は一度しか開催できなかったといいます。
花火の担当者:「また(新型コロナが)流行してしまうと中止に…。そういうことが無いように祈りながら打ち上げたい」

午後7時50分。打ち上げの時間が近づくと、お客さんが次々とゲレンデにやって来ます。約10分間に打ち上げられる700発の花火。真っ白なゲレンデに輝く光は、夏の花火とはまた一味違う魅力があります。
男性客:「最高でした」女性客:「今年初めて見た花火だったので感動。お祭りとかも無かったので、すごい思い出に残りました」ダイナランドの担当者:「皆さんがもう一度、安心して自然の中で遊ぶような時が来ることを、心から待ち望んでおります」
シーズン本番を迎えた岐阜県郡上市のスキー場を取材すると、しっかりとした感染対策と様々なイベントを企画し、たくさんのお客さんを迎えていました。 ダイナランドによると、30年前のスキーブームの頃に青春を送った50代以上のスキーヤーが少しずつ増えてきているといいます。また交通事情にも大きな変化があり、30年前には名古屋から6時間ほどかかっていたのが、今では高速道路を使い1時間半ほどで行ける手軽さも、集客につながっています。「ダイナランド」のゲレンデで行われる花火の次回の打ち上げは、2月12日を予定されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする