はあちゅうさん名誉毀損勝訴 被告の「炎上しやすいブロガー」主張認められず

有名ブロガーの「はあちゅう」さんがネット上の書き込みによって名誉を傷つけられたなどとして、投稿者に対し損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は13日、名誉毀損を認め、36万円の支払いを命じました。
ブログで作家活動などを行う「はあちゅう(本名 伊藤春香)」さんは、おととし2月から5月にかけネット上の掲示板「ガールズちゃんねる」で「底無しのバカ」「メスゴリラが服を着てる」などと投稿されたことから、投稿者を特定する開示請求を行い、提訴しました。裁判で、投稿者側は「はあちゅうさんは炎上しやすいことを自認するブロガーおよびインフルエンサーであり、受忍すべき批判や敵対的な投稿の範囲は広い」と主張していました。
13日の判決で東京地裁は、投稿が、はあちゅうさんの社会的評価を下げ違法に名誉感情を傷つけたと認め、50万円の請求に対し36万円の支払いを命じました。
はあちゅうさんは判決後、JNNの取材に対し「権利侵害と認められたことに関してはありがたく感じていますが、この金額では弁護士費用も回収できていません」「今後、誹謗中傷の賠償額が上がり被害者が救済されることを願っています」とコメントしています。(13日20:48)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする