JAXA リュウグウの試料の「カタログ」公開

JAXA=宇宙航空研究開発機構は、探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウで採取したリュウグウの試料のカタログを世界の研究者向けに公開しました。
ホームページで公開されたのはリュウグウの試料443点、あわせておよそ0.2グラムです。キュレーションと呼ばれる分類作業により、▼重さや▼採取された場所▼赤外分光データなどとともに、▼高精細な画像データが添えられています。
初期の分析からリュウグウの試料にはNH基や水酸基(OH基)、CH基などが含まれていることが示唆されていて、JAXAでは今後、公開されたカタログをもとに世界中の研究者からリクエストを受け付け、試料を提供していくということです。(13日20:59)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする