北海道の給食では「イクラ丼」が登場する? 豪華すぎるメニューに驚きの声

国内屈指のグルメ王国として君臨する北海道の中でも、海産物は本州と比べてレベルが高いことでも有名である。今ツイッター上では、北海道の給食メニューが豪華すぎると話題だ。
北海道の給食では「イクラ丼」が登場する? 豪華すぎるメニュー…の画像はこちら >>
「今日の給食はイクラ丼です 道東すごすぎ」とコメントを添え、白いご飯が見えなくなるほど大量に盛り付けられたイクラの写真を投稿したのは、ツイッターユーザーのNGさん。見ているだけでお腹が空いてくる。
これが給食で出てくるなんて…。都内の学校では考えられないほど豪華なメニューに、驚かされたという人も多いのではないか。
関連記事:中丸雄一が明かす“人気だった給食”が衝撃的 「居酒屋メニューですよね?」
NGさんの投稿にネットでは、「なんなん! 北海道スゴい」「給食でイクラ丼なんて…」「贅沢すぎるって」「夢のようなメニューだ」といった、驚きの声が続出。
他には、「北海道の給食では出たことなかった」「さすがに札幌ではありえないな」など、道民からのコメントも多く見られた。どうやら同じ北海道でも、道東だけのようだ。
今回話題になったイクラ丼は、本当給食で出されたのだろうか。気になった記者がNGさんに詳しい聞いてみると、「実際に標津町で出された給食になります。この他に汁物やおかずもあります」とのこと。
道東の海側に面する標津町は、日本一の漁獲量を誇るサケが有名なことから、地域特有の食材が出される「ふるさと給食」でイクラが登場するのだ。これを食べられる小中学生が羨ましすぎる…。
当たり前のように給食で出されるイクラだが、NGさんによると道東や海沿いの地域に暮らす人々には身近な存在で、買うというよりも貰うことのほうが多いそう。
取材の最後に、北海道と本州の海産物の違いについて聞いてみると、「本州でもおいしい海鮮はありますが、北海道では全体的なレベルが高く、サイズ感や脂のノリが良いものが比較的安価に食べられると思います。その中でも、道東はまた一つレベルが高いと感じます」と説明してくれた。一度で良いから道東の海鮮を食べてみたい…。
今日の給食はイクラ丼です道東すごすぎ… pic.twitter.com/OwRimhW9gf
NG (@nagi0467) November 17, 2021
(取材・文/Sirabee 編集部・小野田裕太)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする