愛知中3、廊下に呼び出し同級生刺殺逮捕「私がやったことで間違いない」…始業前「読書時間」直前

24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市鳥ケ地1丁目の市立十四山(じゅうしやま)中学校(黒川利之校長)から「生徒同士のトラブルがあった」と110番があった。3年の男子生徒(14)が校内で同学年の男子生徒(14)に包丁で腹部を刺され、病院に搬送された。同午前10時35分、死亡が確認された。死因は出血性ショック。県警は殺人未遂容疑で男子生徒を現行犯逮捕した。容疑を認めている。
生徒の悲鳴、制止する教諭、凶器となった包丁…。規制線が張られた正門の前にパトカーは止められ、報道陣が殺到、上空ではヘリコプターが何度も旋回した。近鉄名古屋線佐古木駅から南に約2キロ、周囲に田畑が広がる中学が騒然となった。
県警によると、死亡したのは伊藤柚輝さん。事件は、授業前に設けられた「読書時間」が教室で始まる直前に起きた。現場は3年の教室がある校舎2階の廊下。伊藤さんが男子生徒に教室から呼び出された直後、刺されたとみられる。伊藤さんは、出血しながら自力で教室に戻り、床にあおむけで倒れた。
「救急車を呼んでくれ」。担任から連絡を受けた校長が救急車を要請。伊藤さんは別の教室に移され、心臓マッサージなどを受けたが、病院搬送後の同10時35分、出血性ショックで死亡した。傷は肝臓を貫通していた。
一方、逮捕された生徒は手に包丁を持ち、立ちつくしていた。生徒の悲鳴を聞いた教員が駆け付け、包丁を下ろすように声を掛けると、応じたという。教師が生徒を別室に移動させ、その後、県警に逮捕された。包丁は外部から持ち込んだとみられ、学校の備品ではないとしている。

逮捕容疑は24日午前8時ごろ、殺意を持って同学年の生徒の腹付近を包丁(刃渡り約20センチ)で刺した疑い。男子生徒は「私がやったことで間違いない」と容疑を認めている。県警は現場から凶器の包丁を押収。計画的だった可能性もあるとみて、容疑を殺人に切り替え、トラブルの有無などを調べている。
2人は同じ小学校の出身で、中2の時も同じクラスだった。3年では別のクラスに在籍。部活動も異なるという。会見した黒川利之校長は「(伊藤さんは)体育祭で活躍していた。かけがえのない命が失われた」。逮捕された生徒は「生徒指導で話題に上がることはなかった」といい「2人の間のトラブルも把握していない」と困惑を口にした。
今月1日時点の同校の生徒数は138人。3年は47人。教職員や他の生徒にけがはなかった。市教委は、原因究明のため第三者委員会の設置を表明。夜には保護者向け説明会を開いた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする