谷原章介、中3刺殺事件に困惑…「いきなり一番強い刃物という手段…それが理解できない」

俳優の谷原章介がMCを務めるフジテレビ系「めざまし8」(月~金曜・午前8時)で25日、24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市鳥ケ地1丁目の市立十四山(じゅうしやま)中学校(黒川利之校長)から「生徒同士のトラブルがあった」と110番があり、3年の男子生徒(14)が校内で同学年の男子生徒(14)に包丁で腹部を刺され、病院に搬送された事件を報じた。
被害者の男子生徒は24日午前10時35分、死亡が確認された。死因は出血性ショック。県警は殺人未遂容疑で男子生徒を現行犯逮捕した。容疑を認めている。番組では、逮捕された男子生徒が午前7時50分過ぎに愛知県警蟹江警察署から身柄を送検された模様を放送した。
今回の事件に谷原は「中学生のしかも3年生というと、思春期もあって、大人にただでさえ打ち明けづらい状況じゃないですか。僕も高校3年生から幼稚園まで子供がいるんですけど、きちんと親は学校なり相手の親御さんと連絡を取り合って、見守る姿勢ってどんどん年々高まっていると思うんですね」とした上で「今回のこの事件を見て思うのは予兆的なトラブルもなかった殴り合いのけんかもなかった。でもいきなり一番強い刃物という手段に行く。それがどうも理解できないんです」とコメントしていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする