てんかん持ちの3児の母が授乳中に発作 下敷きになった息子とともに死亡

てんかん持ちの3児の母が授乳中に発作 下敷きになった息子とと…の画像はこちら >>
てんかんという持病とうまく付き合いながら、3度の出産に挑んだ母親。産院の個室で授乳している最中に発作が起き、母子ともに死亡するという悲劇が起きた。『Daily Mail UK』など海外のメディアが報じている。
アイルランドのコークで暮らし、3児の母であるマリー・ダウニーさん(36)は、2010年にてんかんと診断されていた。
しかし最初の子供を妊娠した際、薬の影響を恐れて途中で抗てんかん薬の服用を中止。すると妊娠30週で発作が起きたため、再度服用を始めることになったという。
マリーさんの3度の妊娠すべてを担当し、Cork University Maternity Hospitalでてんかん持ちの妊婦の診療実績を持つ産婦人科医・オドノーグ医師は、「抗てんかん薬の服用をやめることのリスクについてマリーさんと話し合い、神経科医のピーター・キニロンズ医師処方の薬を服用することを双方で確認、合意していました」と語っている。
関連記事:子孫90人の超大家族に恵まれた86歳のおばあちゃん 「うちは早婚の家系なの」
そして3人目の子の出産を終えたマリーさんに、悲劇が起こった。
3月25日に、夫のキーランさんが生後4日を迎えた息子ダラくんとマリーさんを迎えに病院へ向かったところ、病院から「産院の個室で授乳中に、てんかん発作を起こしたマリーさんが亡くなった」と知らされのだ。

さらにマリーさんの下敷きになったダラくんも、翌日に息を引き取った。
周産期病理医のピーター・キーラン医師は、ダラくんは窒息と多臓器不全による急性呼吸不全によって死亡したとの検視結果を発表。
ベッドから転落したことの衝撃ではなく、マリーさんの体重が数分間のしかかったことで心臓が強く圧迫され、心臓と脳に血液が循環できなくなったことが、死亡につながったのだという。
マリーさんは最初と2人目の子の妊娠中には薬の服用を続けたものの、3人目の妊娠時にキニロンズ医師による神経科の診察を受けることはなかった。
オドノーグ医師は、ストレスや疲労がてんかんの発作を引き起こす要因になるとして、「マリーさんは母乳育児によってストレスを受けていたのかもしれない」「マリーさんが今回の妊娠中も神経科の診察を受けていると思い込み、神経科医師に連絡しなかったのは不注意だった」と深く後悔しているという。
マリーさんの死については、3日間の審議を終え、今月18日に医療事故の評決が下った。マリーさんが亡くなった日は、夫キーランさんの誕生日だった。
そんな日に妻と生まれたばかりの息子を亡くしたキーランさんは、評決を受け「もう二度とこのようなことが起きないようにと、HSE(アイルランドの公的医療システム)に大きな変化が起きる様子が全くなく、信頼できない」と憤っている。
ダラくんは事故後に一度も意識を取り戻さなかったため、検視を担当した医師は「苦しむことはなかった」と語るものの、関係者にとってあまりにも悲しすぎる出来事となった。
(文/Sirabee 編集部・原田パラン)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする