阪急宝塚駅の周辺に商業施設がオープン 家電量販店とBMWが出店予定

阪急電鉄と阪急阪神不動産は、宝塚大劇場北側の国道176号線沿いに商業施設を開発し、その中に家電量販店「Joshin宝塚店」とカーディーラー「Hanshin BMW宝塚支店」がオープンすると発表した。阪急宝塚駅周辺エリアの活性化を目指す。

両施設は、2003年に閉園した旧宝塚ファミリーランド跡地の一部に開設される。「Joshin宝塚店」は11月26日にオープン予定。同店は「地域に密着したライフスタイル編集型店舗」をストアコンセプトに掲げており、従来の家電製品などの販売に加え、新たな価値を提供していくとコメントしている。

「Hanshin BMW宝塚支店」はモトーレン阪神(兵庫県西宮市)が運営するBMWの正規ディーラー。同店は、ショールームや点検・整備工場を備えた阪神間の新たな拠点として開業するという。

2店舗のほかに約60台を収容できる立体駐車場も新設する。利便性を高め、町全体を駅前から活性化させていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする