逮捕の中3「トラブルがあった」という趣旨の供述 包丁は「ネットで買った」同学年生徒への殺人容疑で送検

24日、愛知県弥富市の中学校で3年生の男子生徒が刺され死亡した事件で、逮捕された男子生徒が「2人の間にトラブルがあった」という趣旨の供述していることがわかりました。

逮捕された男子生徒は、暴れたり取り乱したりすることなどはなく、淡々と調べに応じているということです。

弥富市の中学校では24日、3年生の男子生徒(14)が、包丁で腹の辺りを刺されて死亡し、警察は現行犯逮捕した同学年の14歳の男子生徒を、25日朝殺人容疑で送検しました。

捜査関係者によりますと、男子生徒が「2人の間にトラブルがあった」という趣旨の供述をしていることが新たにわかりました。

また、男子生徒は「いじめられていた」という趣旨の供述もしているということです。

学校側は「トラブルはなかったと認識している」と説明していて、警察は、いじめの事実があったのかどうかも含め、慎重に調べています。

一方、事件があった中学校では、教師らが見守る中、生徒らが登校し、25日の朝礼で、事件について校長から説明をしたということです。

逮捕された男子生徒は凶器の包丁を「ネットで買った」とも話しているということで、警察は、犯行の経緯を調べています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする