90歳の夫が妻を殺害か 焼け跡から複数のライター

大阪・堺市の集合住宅で部屋に火をつけて85歳の妻を殺害したとして、90歳の夫が放火と殺人の疑いで逮捕されました。
今月23日、堺市北区の集合住宅の一室で火事があり、焼け跡から、この家に住む岡本玲子さん(85)の遺体が見つかりました。警察によりますと、火事の後、亡くなった岡本さんの夫で無職の岡本達男容疑者(90)に事情を聴いたところ「火をつけた」などと話したことから、警察は24日、現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕しました。
焼け跡からは複数のライターが見つかっていて、岡本容疑者は調べに対し「ライターで火をつけたが、殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しているということです。
岡本容疑者と玲子さんは2人暮らしだったということで、警察は2人の間でトラブルがなかったかなど動機を詳しく調べることにしています。(25日16:47)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする