沖縄・辺野古埋め立て 政府の計画変更 玉城県知事が不承認の方針

沖縄のアメリカ軍普天間基地の辺野古移設工事をめぐり、沖縄県の玉城知事は、国が県に申請している埋め立て工事の設計変更を不承認とする方針を固め、きょうにも発表します。
普天間基地の辺野古移設に向けた埋め立て工事をめぐっては、水深の深い部分に軟弱地盤が見つかったため、去年4月、国が改良工事のための設計変更を県に申請し、県による審査が続いてきました。
関係者によると、県は変更申請を承認しない方針を固め、玉城知事がきょう夕方にも発表します。軟弱地盤でも特に地盤が弱い地点について再調査を求めてきた県に対し、国は再調査は不要としていて、県はこのままでは安全性に問題があることなどを不承認の理由とするとみられます。
一方、国は直ちに法的措置で対抗するとみられ、辺野古の埋め立てをめぐる対立は再び法廷で争われる見通しとなりました。(25日10:51)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする