坂上忍、中3刺殺事件の再発防止に「抑止力をどこかで持たないと」

俳優の坂上忍が25日、MCを務めるフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜・午前11時55分)に生出演した。
番組では、24日午前8時10分ごろ、愛知県弥富市鳥ケ地1丁目の市立十四山(じゅうしやま)中学校(黒川利之校長)から「生徒同士のトラブルがあった」と110番があり、3年の男子生徒(14)が校内で同学年の男子生徒(14)に包丁で腹部を刺され、病院に搬送された事件を報じた。
被害者の男子生徒は24日午前10時35分、死亡が確認された。死因は出血性ショック。県警は殺人未遂容疑で男子生徒を現行犯逮捕した。取り調べで容疑を認めている。
番組では蟹江署から生中継。リポートでは、逮捕された生徒は最新の供述で2人の間にトラブルがあったと話していることなどを伝えていた。
スタジオでは出演者が事件の再発防止を議論。坂上は「民間警備で持ち物検査やるって、見栄えはよくないけど。あと警察の方と連携をとって見回りみたいなことやっていただかないと、とか…抑止力をどこかで持たないとダメなのっていう気がする」と提言していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする