ラオックス、アジア食品専門店「亜州太陽市場」オープン 現地で見た“こだわり”

ラオックスは11月25日、東京・吉祥寺にアジア食品専門店「亜州太陽市場」をオープンした。1400アイテム以上のアジアの食品や飲料などをそろえ、新たな収益の柱に育てるのが狙い。

亜州太陽市場のコンセプトは、「中国・台湾・韓国・ベトナム・タイを中心とするアジア地域の本場、本物の味を日本の食卓に届ける」ことだ。具体的には、インスタント麺を始めとする麺類を約200種類、調味料を約240種類、菓子類を140種類、ソフトドリンクを約100種類、アルコールを約80種類、冷凍食品を約100種類、レトルト食品を約180種類用意した。ラオックスの飯田健作社長は「品ぞろえにこだわった。中国や韓国の調味料に詳しい人にも『これは見たことがない』と思ってもらいたい。ワンストップでさまざまな国や地域の食材などを購入できるようにした」と説明する。

JRの吉祥寺駅から徒歩で3分程度の場所にあり、売り場面積は約134平米だ。現在、コロナ禍の影響で思うように海外旅行ができない状態が続いている。旅行に行けなくても現地の食事を楽しみたいというニーズに対応する。

店内の照明も明るくした。感染拡大前の“アジアの楽しい雰囲気”を演出するのが狙いだ。

店内の様子はどうなっているのか
入店してすぐの場所には、中国の調味料を並べている。例えば、「トウチ入りラー油」や「鶏肉入りラー油」など、さまざまな種類のラー油を並べている。酢に関しても、「小籠包に付ける酢」「中国山西省とその周辺で有名な穀物酢」「野菜エキスなどを加えたまろやかな黒酢」などを用意。消費者に選ぶ楽しみを提供している。

麺類のコーナーでは、シンガポールのインスタント麺、インドネシアのスパイシーな焼きそば、タイのトムヤムクンラーメン、台湾の汁なし麺など、各国のインスタント麺が並ぶ。スーパーでも扱っているような有名なブランドだけでなく、現地に行かないと買えないような商品構成にこだわっているという。

レトルト食品のコーナーでは、インドのレトルトカレーを用意するだけでなく、現地の米も販売している。「現地の味をなるべく再現する」(広報担当者)のが目的だ。発熱剤で容器を加熱して火鍋をつくるキットも販売している。火を使わないため、災害時やアウトドアでの利用を見込む。

最も注力したというのが冷凍食品のコーナーだ。台湾の屋台でよく使われるソーセージ、イカ団子を始めとする火鍋の具、小籠包などを用意した。

日本の消費者になじみのない食材や調味料も多いので、スタッフがおすすめの食べ方を説明するポップも用意した。ただ、飯田社長は「もっといろいろな提案ができるようにしたい」と語った。利用シーンの提示については、課題を感じているようだ。

新しい収益の柱に育つか
なぜ、ラオックスは新業態の亜州太陽市場を開発したのか。同社にはさまざまな国の社員が働いており、現地の食材に詳しい。また、海外でもリテールビジネスを手掛けているため、珍しい食材や調味料を調達しやすい環境にあることも背景にあるという。

新しくオープンした亜州太陽市場が狙うのは、ファミリー層だ。調味料などを充実させているのは、自宅での料理に使ってもらうことを想定している。亜州太陽市場は今後、数店舗出店する予定だ。利用者のニーズを把握してから、その後の展開を考えていくという。

コロナ禍でインバウンド需要が急激に減少したため、ラオックスは、成田空港や羽田空港内にある店舗を休業させている。亜州太陽市場は新しい収益の柱に育つか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする