「転職を考えたきっかけ」ランキング 3位「仕事内容の不満」、2位「収入の不満」、1位は?

求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職を考えたことがある男女405人を対象に「転職を考えたきっかけ」についてのアンケート調査を実施。その結果、転職を考えたきっかけの1位は「職場の人間関係」(134人)だと分かった。

転職を考えたきっかけについて尋ねたところ、圧倒的に多かったのが1位の「職場の人間関係」(134人)で、2位の「収入への不満」(89人)、3位の「仕事内容への不満」(80人)と続いた。

1位の「職場の人間関係」と答えた人からは、「所属部署内での人間関係が悪化したため」(女性・転職検討時25歳)、「人間関係の悪化。同僚とコミュニケーションがうまくいかず、会社に相談するも解決に向かわなかったのがきっかけ」(男性・同35歳)といったコメントが寄せられた。

2位の「収入への不満」と回答した人からは、「年収が低く、今後の昇給も少額しか見込めなかった」(男性・同23歳)、「営業実績が伸びたのに、二期続けてボーナスなしだったから」(女性・同27歳)といった意見があった。

3位の「仕事内容への不満」と答えた人からは、「仕事にやりがいを感じられなくなった」(男性・同22歳)、「身の丈に合わない役割を与えられて仕事で疲弊する日々を送っていたので『現状から抜け出したい』と思った」(女性・同29歳)といったコメントがあった。

次に、「転職を考えた結果、実際に転職をしたか」と尋ねたところ、74.8%が「転職した」と回答した。実際に転職した人からは、「10年在籍という区切りがきたので」(女性・同33歳)、「我慢しても上に相談しても改善されないと分かったから」(男性・同45歳)といったコメントがあった。

一方、転職を考えつつも実際に転職しなかった人からは、「上司に話をした結果、より良い条件を提示されたから」(女性・同23歳)、「得意な分野も資格もないので諦めている」(女性・同54歳)といった意見が寄せられた。

調査は10月7~21日、インターネット上で実施。調査対象は、全国の転職を考えたことがある男女405人(女性257人/男性148人)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする