渋谷ヒカリエ隣接地に高さ約120メートル複合施設、東急などが着工/24年度開業

渋谷二丁目17地区市街地再開発組合と、その参加組合員である東急は、東京・渋谷駅東口エリアで計画している再開発事業の新築工事に12月1日から着工すると発表した。2024年度上期の開業を目指すとしている。渋谷ヒカリエや青山通りに隣接する地上23階建ての複合施設を整備し、東口エリアの新たなにぎわい拠点を目指すとともに、駅周辺の回遊性向上を図る。

複合施設の地区面積は約3460平方メートル、延床面積は約4万4500平方メートルで、地下4~地上23階の、高さ約120メートルを予定している。

1~4階の低層部には商業機能などを配置し、敷地内の広場などと一体的に整備することでにぎわいや憩いを創出する。5~23階は、エリアでニーズの高いハイグレードなオフィス(総賃貸面積約2万4950平方メートル、基準階面積約1325平方メートル)を提供する。

また同事業は、脱炭素に向けたサステナブルなまちづくりを目指し、省エネルギー施策を積極的に実施。建築物省エネルギー性能評価制度の、建築物全体評価にて最高ランクである星5つ、さらに「ZEB Oriented」認証を8月31日付で取得した。

なお、工事期間中も「渋谷二丁目アートプロジェクト」と題して、現地仮囲いにアート作品を掲出する。作品は、「都市の移り変わり」をテーマに8人のアーティストが手掛ける。組合構成員であるNANZUKAが所属する日本現代美術商協会と協働し、8つのギャラリーから選出した。

両者は本事業の推進を通じて、渋谷~青山エリアをつなぐ新たなネットワークを形成するとともに、多様な人々や文化の交流を促進することで、渋谷駅東口エリアの活性化を目指すとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする