23年卒の就職人気企業ランキング ANA以来となる4年連続トップの企業は?

新卒採用サイト「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」を運営する学情(東京都千代田区)は、2023年卒学生を対象とした「就職人気企業ランキング」を発表した。トップは4年連続で伊藤忠商事となった。4年連続の総合トップは、16~19年卒のランキング1位であったANA以来2社目となる。

伊藤忠商事は、新型コロナウイルスの影響で売り上げ・利益を減らす企業が多かった中、情報・金融部門の好調などもあり、純利益で5年ぶりに商社首位に返り咲いたことがニュースとなった。

2位には講談社、3位には集英社が続いた。出版業界は、漫画・アニメブームに合せて、漫画コンテンツのデジタル化により「出版不況」を抜け出し成長軌道に乗った。電子書籍市場はコミックが9割以上を占めており、漫画に強い出版社が人気を集めているという。12位のKADOKAWAや、43位の小学館も電子書籍が好調だった。

例年人気の食品メーカーは今年も強く、トップ50を11社が占め、業界別でも最多となった。前年と同じくアサヒ飲料、味の素、ロッテがトップ10に入り、「巣ごもり需要」で昨年順位を急伸させたイオングループ(前年10位)は順位を1つ上げ9位となった。コロナ禍で自宅で食事をする機会が多い状態が続いていることが人気につながっていると考えられる。

21年卒採用に引き続き22年卒採用も多くの職種で採用を中止したANAは121位(同79位)、JALは152位(同88位)、JTBグループは31位(同9位)など、航空、旅行業界は軒並み順位を下げた。21年に入っても緊急事態宣言が断続的に発出され、海外からの人の流れも、国内での都道府県をまたぐ移動も制限されたことが影響しているとみられる。

一方、自宅から1~2時間の距離での旅行を楽しむマイクロツーリズムを打ち出した星野リゾート・マネジメントが21位(前年92位)に入ったほか、帝国ホテル53位(同200位)や、ミリアルリゾートホテルズ70位(同220位)も順位を押し上げた。

ホテル業界はコロナ禍でも採用を継続する企業も多く、航空や旅行などサービス系の仕事を希望する学生の受け皿になっていると推察される。秋に感染状況が落ち着いたことも影響し、コロナ後を先取りしたような動きを見せている。

東京都15位(同33位)のほか、福岡県47位(同252位)、大阪府68位(同91位)、神奈川県82位(同204位)が100位以内にランクインし、地方自治体も人気を集めてる。コロナ対応で自治体の仕事に関心が集まった影響もあると考えられる。

調査は4月1日~10月31日にイベント会場やインターネット上で実施。23年3月卒業予定の大学3年生、大学院1年生8249人を対象とした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする