石油ストーブにガソリンを入れ・・・住宅が全焼するなど大きな被害に

改めて、確認が必要です。
これは、NITE(製品評価技術基盤機構)が公開した実験映像です。石油ストーブに誤ってガソリンを給油して使ったところ、爆発して火が出ました。NITEによりますと、2016年度から2020年度までの5年間に、こうした誤った使い方によるストーブなどの事故が211件起きていて、うち51件は住宅が全焼するなど、大きな被害が出ているということです。
NITEは、使用する前に改めて使い方を確認するよう呼びかけています。(25日14:37)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする