大衆寿司居酒屋「杉玉」、海鮮のしゃぶしゃぶが楽しめる冬の期間限定コースが登場

大衆寿司居酒屋「鮨 酒 肴 杉玉」は全店舗において、旬の寒ブリなど海鮮のしゃぶしゃぶが楽しめる冬のコースメニューを12月1日より、期間限定で販売する。

杉玉では、季節に合わせてコースの内容を変更しており、12月1日より、旬の寒ブリなどを使った海鮮しゃぶしゃぶや、杉玉の人気メニューを組み合わせた3種類の冬のコースが登場する。

「松コース」(5,500円)では、真鯛、帆立、赤海老、寒ブリの4種類のネタとたっぷりの野菜を、昆布とアサリの出汁が効いた「海鮮しゃぶしゃぶ」を提供。また、塩で水分を抜き、チーズのような食感を楽しめる塩豆腐に、黒酢シーザードレッシングを合わせた「海の幸と塩豆腐の黒酢シーザーサラダ」、大とろや生サーモンなどを盛りつけた「特選 刺身盛り合わせ」、「帆立とトリュフの茶碗蒸し」など、豪華なネタを集めている。

「竹コース」(4,500円)では、杉玉の新たな名物にしていきたい、にんにくの香りをまとわせた割り下をベースにした「寒ブリの黒しゃぶ」が登場。野菜の旨みでまろやかに仕上がった割り下に、脂のり抜群の寒ブリをさっとしゃぶしゃぶして、長ネギと合わせてお召し上がりいただくのがおすすめとのこと。

「梅コース」(3,500円)は、寿司に見立てた蒸したての「海老しゅうまい」や、鰯と生ハムの塩味が絶妙な「レア鰯と生ハムのカルパッチョ」など杉玉の人気のメニューを盛りこんでおります。

それぞれのコースに、ビール、日本酒を含んだ飲み放題と、天麩羅や寿司、デザ―トとして一口サイズのカタラーナが付いてくる。

また、コース料理以外にも、11月26日からは、期間限定でクリームチーズを使用したお寿司が299円(税込329円)で登場する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする