慶応大と東京歯科大、「23年合併」見直し

慶応義塾(東京都港区)と東京歯科大(千代田区)は25日、2023年に学校法人を合併するとのスケジュールを見直し、めどを設けずに協議を継続すると発表した。今夏の新型コロナウイルス「第5波」の影響で、時間的余裕がなかったことなどが理由という。
両法人は昨年11月、23年4月をめどに法人を合併し、慶応大に歯学部を新設する方向で協議を始めたと発表。東京歯科大が合併を申し入れたという。慶応大は医学、看護医療、薬学の各部を設置しており、実現すれば医療系4学部を持つ初の総合大学となる見込みだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする