「嫌なことされた」趣旨の供述=中3刺殺で加害生徒―愛知県警

愛知県弥富市の市立中学校で3年の男子生徒(14)が刺殺された事件で、殺人容疑で送検された同学年の男子生徒(14)が「(被害生徒から)ちょっかいを出された。嫌なことをされた」という趣旨の供述をしていることが25日、捜査関係者の話で分かった。
県警のこれまでの捜査では、2人の間の大きなトラブルは把握されておらず、県警は加害生徒が被害生徒に対し、一方的に不満を募らせた可能性もあるとみて、事件に至った経緯や動機を慎重に調べる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする