死亡生徒の傷は肝臓を貫通 強い殺意か…逮捕の中3淡々と調べに応じる 現場の中学校にはカウンセラー配置

愛知県弥富市の中学校で24日、3年生の男子生徒が同学年の生徒に刺されて死亡した事件で、逮捕された男子生徒は、暴れたり取り乱したりすることなどはなく、淡々と調べに応じているということです。

男子生徒は、「犯行に使った包丁は事前にネットで購入した」と供述していて、死亡した伊藤柚輝さん(14)の傷は、肝臓を貫通していたことがわかりました。警察は強い殺意があったとみて調べています。

事件の現場となった中学校では25日朝、登校した全校生徒に校長が事件について説明しました。

その中で生徒の心のケアとして、スクールカウンセラーを2人配置したことを説明し、「『大丈夫』だと思う人も必ずカウンセラーと話をして下さい」と呼びかけたということです。

逮捕された男子生徒は、警察の調べに対し「嫌な思いをした」と、いじめをうかがわせる趣旨の供述をしているということですが、学校側は24日の会見で「2人の間にトラブルはなかったと認識している」と説明しています。

警察は嫌がらせなどの事実があったのかどうか、動機を慎重に調べています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする