鎌倉の住宅で78歳男性死亡 殺人容疑で同居していた46歳のおい逮捕

神奈川県鎌倉市の住宅で78歳の男性が腹などを刺され死亡した事件で、警察は男性と同居していた46歳のおいを殺人の疑いで逮捕しました。
この事件はおととい、鎌倉市の住宅で無職の奥村直司さん(78)が腹など数か所を刺され、殺害されたものです。
奥村さんはこの家に4人で暮らしていましたが、警察はきのう夜、同居していたおいの奥井剛容疑者(46)を殺人の疑いで逮捕しました。奥井容疑者は奥村さんの妹の長男で、一時、行方がわからなくなっていましたが、きのう夕方、警察に出頭しました。
警察の取り調べに対し、奥井容疑者は「行為については間違いありません」と奥村さんを刺したことは認めたものの、殺意については否認しているということです。(24日00:40)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする