永島優美アナ、6割が「不要」と答えた「飲みニケーション」に「強制参加はやめて欲しい」

フジテレビの永島優美アナウンサーが24日、アシスタントを務めるフジテレビ系「めざまし8」(月~金曜・午前8時)に生出演した。
番組では、お酒を飲みながら職場の仲間と親交を深める「飲みニケーション」の支持率が急落していることを報じた。
日本生命保険の調査で「不要」との回答が6割に達し、2017年の調査開始以来、初めて「必要」の割合を上回った。この結果にスタジオで同局の堀池亮介アナウサーは「飲みニケショーンという言葉自体がお酒を伴う席というちょっと強制的な部分のイメージがあるので、お酒がなくても本音で話したり相談できたり関係性を作っていくことが大切だと思います」とコメントした。
この発言を受け永島アナは「本当そうですね。強制参加は本当、やめて欲しいです」と訴えていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする