関東で今シーズン一番の冷え込みに 熊谷では「初霜」と「初氷」を観測

関東で今シーズン一番の冷え込みに 熊谷では「初霜」と「初氷」…の画像はこちら >>
今朝(24日)の関東地方は、放射冷却で冷え込みが強まりました。都心や横浜は今シーズン一番の冷え込みを更新し、群馬県や栃木県などでは今年初めて氷点下になった所も。熊谷では「初霜」と「初氷」を観測しました。
各地で冷え込み強まる 熊谷で「初霜」と「初氷」を観測

今朝(24日)の関東地方は、放射冷却で冷え込みが強まりました。朝の最低気温で最も低かったのは栃木県土呂部でマイナス3.1℃、次いで、栃木県黒磯市と群馬県沼田市でマイナス2.9℃と、黒磯市では今シーズン初めて氷点下になりました。また、都心は7.2℃、横浜は8.7℃と、平野部でも今シーズン一番の冷え込みを更新したほか、熊谷でも2.6℃と今シーズン一番の冷え込みを更新し、「初霜」と「初氷」を観測しました。「初霜」は平年より5日遅く、昨年より6日早い観測、「初氷」は平年と同じで、昨年より12日早い観測です。
日中は平年並みの気温に 風の通しにくい服装を

きょう24日(水)の関東地方は、日中は日差しがたっぷり届き、きのう23日(火)と同じくらいまで気温が上がるでしょう。東京や横浜の最高気温は17℃、熊谷は16℃の予想です。この時期らしい気温になりそうです。ただ、沿岸部では風が強まりますので、風を通しにくい服装が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする